オメガ遺跡・攻略

本来なら次は「シンの体内」内にいるモンスターを捕獲するところだがオメガ遺跡を先に攻略する。 このエリアはまだ未訪問だったためまずさきに攻略を行う。宝箱はだいたい8個くらいとれれば運のいい方である。 なおこの時すでに七曜の武器は第3段階までパワーアップしているとする。

アルテマウエポン HP:70000

D9-4で撃破可能。ティーダエースオブザブリッツ。
「盗む」
明日への扉×10(20)を手に入れることができるので一回は盗んでおきたい。

オメガウエポン HP:99999

フルD9−4で戦う。なおキマリ竜剣「サンシャイン」を覚えること。初期メンバーはティーダ、リュック、ユウナ で全員「さきがけ」手順は以下の通り。

  1. リュックカルテット99
  2. ティーダエースオブザブリッツ
  3. ユウナキマリと交代
  4. キマリ:敵にたいし竜剣
  5. リュックかティーダ:どちらかが攻撃でとどめ
この流れは比較的楽なので対戦するまでの間の強制エンカウントでも捕獲を行うとよいだろう。

オメガ遺跡・捕獲

以降はモンスターの捕獲についてだがボス並にレベルが高いため各モンスターごとに捕獲法を示すことにする。 またこれ以降はドリームパウダーを大量に消費することになるので、 あらかじめモンスター訓練場で入手しておくと良い。
またスピリットはこのエリアのなかで最も捕獲が困難なモンスターである。 捕獲するためには属性魔法4つを全て無効(吸収する)防具が必要になる。 (少なくともワッカ、ユウナ、リュックの3名) そのために必要なアイテムも確保しておくと良いだろう。
またリュックに対して「石化攻撃改」も付けておきたい。 詳しくは下記のトピックを見るように。


ザウルス HP:7850 石・死

石化・即死攻撃で捕獲する。このエリアでは最も出現率が高く、最も捕獲しやすい。 とはいっても相手のターンになるまでに捕獲しないと全滅の恐れアリ。 ドリームパウダー等で眠らせてから行うと確実である。


デスフロート HP:6700 石・死

石化・即死攻撃で捕獲する。ドリームパウダーで眠らせないと捕獲するのは難しい。 なおこのモンスターからは「気付け薬」が盗めるので今後のことを考えて一回は盗んでおくとよい。


ブラックエレメント HP:7600 死

即死攻撃で捕獲する。スピリットと一緒に出現するため捕獲は難しい。 「フレア」「バーサク」「グラビデ」のどれかしか行ってこない。 回復を優先しつつ慎重に捕獲しよう。このモンスターを捕獲しよとするならスピリットは無視すること。 なお睡眠は聞かない。


ハァルマ HP:13000 石・死 石化・即死攻撃で捕獲する。スピリットと一緒に出現するため捕獲は難しい。 さきがけで二匹をティーダとワッカで捕獲したらユウナは逃げること。 スピリットに構っているとそれで全滅もありえる。


ピュロボルス HP:20000 石・死

石化・即死攻撃で捕獲する。炎属性を無効(吸収)できればなんてことはない。 「炎の魔石」を盗めるのでできたら盗むように。


スピリット HP:10000

このエリアで最も捕獲するのが難しい。その理由はカウンターで発動するポイズンミスト。 800程度の全体攻撃なのでまず全滅する。捕獲法は以下の通り。 なおパーティ全員が4属性魔法無効(吸収)の防具を装備している状態であること。 自分の場合はリュック、ユウナ、ワッカであった。

  1. まず準備として「さきがけ」時にユウナのターンでアニマを召喚し、 スピリット以外のモンスター2匹を倒す(「デス」を使用すると良い)。
  2. ティーダワッカと交代。 リュックのターンになったらカルテット9を使用 (できればユウナワッカに対し)
  3. さらに「体力の秘薬」を使用し、その後HPを回復させる。
  4. カルテット9のかかったキャラは捕獲武器に装備を変える

  5. ここまでの間は一切スピリットに攻撃しないこと。
  6. ここまで終わったら誰かが攻撃を行う。もしその後ポイズンミストを使用してこなかったら 8割方捕獲は成功。かりに使用してきてもリュック以外はかろうじて死なずにすむ。
  7. 最後にカルテット9のかかったキャラとどめを指す。
自分はカルテット9を使わないで捕獲する方法を思いつかなかったためこの方法を採用した。


メチーエ HP:18000 石・死

石化・即死攻撃で捕獲する。一発で決めないとすぐ全滅してしまう。決して油断しないように。睡眠は聞かない。


マスタークァール HP:13000 石・死

石化・即死攻撃で捕獲する。ドリームパウダーなどで眠らせれてから捕獲すれば安全に捕獲できる。


マスタートンベリ HP:48000

あらかじめユウナアニマがオーバードライブしておくことが前提。 (捕獲後は必ずすぐにオーバードライブしておくこと)
まずバトル開始時にリュックドリームパウダーを使用。 ユウナのターンになったらアニマを召喚(マスター召喚)し、 カオティック・Dを使用する。その後ファイガ×2、ファイア (状況に応じて魔法を放つこと)を放ち、アニマを戻す
手榴弾や竜剣、スモークボム(ドリームパウダーでもいいが節約)などで残りHPを 200程度までさげとどめをアーロンで行う。
トンベリとは違い、出現率は高いのでそれほど難しくはない。


ヴァルナ HP:56000 石

石化で捕獲するが成功率は低い。属性魔法を多用してくるのでスピリット戦と同じ防具 を装備しておくと良い。リュックも石化攻撃改をつけておくとこちらのターンが多くなる。 万一のことも考え一人は逃がしておくこと。


トピック

4属性魔法無効化防具の作成:

オメガ遺跡のスピリッツは非常に捕獲が難しい。 そのためワッカ、リュック、ユウナの防具には4属性魔法無効化防具を装備させておきたい。
まずワッカの防具のためにマカラーニャにいるワンツから「マルチガード」を購入。 リュックは隠しエリアで手に入れた「ビクトリアス」ユウナはシンの体内で手に入れる「妖魔の指輪」を使用する。
必要なアイテムは「炎の魔石×20個(炎吸収)」「北極の風×16個(氷無効×2)」 「水の魔石×40個(水吸収×2)」「雷の魔石×20個(雷吸収)」である。盗む相手は以下の通り。

  • 炎の魔石・・・オメガ遺跡で出現するピュロボルスから盗む
  • 北極の風・・・アイスプリンから盗む
  • 水の魔石・・・ガガゼト山のアケオロスから盗む
  • 雷の魔石・・・ 「種族制覇」の小鬼種族を4体以上捕獲すると対戦できるようになる「ウィーザルシャ」から盗む。

  • シンの体内


    アンテサンサン HP:7400 石・死

    石化・即死攻撃で捕獲する。安全に行うならドリームパウダーで眠らせてから捕獲する。


    レイス HP:22222

    アニマペイン+ファイガ×3or ペインでHPを減らし、残りをスモークボムなどで調整する。 最期にアーロンで捕獲する。 オメガ遺跡では一匹で出現するのでそっちの方が都合がいい。
    ゴーストとは違い、出現率は高い(オメガ遺跡)のでさほど苦労はしない。


    ウルフラマイター(青) HP:36000

    ウルフラマイター(赤)と同時に捕獲する。

    まずあらかじめユウナ(またはアニマ)をオーバードライブさせておく。 エンカウントしたらリュックドリームパウダーを使用。
    ティーダキマリと交代。
    ユウナのターンになったらアニマを召喚。 カオティックDを使用後、ブリザガ、ブリザド(またはウォタガ、ウォータ) を使用しぎりぎりまでHPを減らす。(ほとんどはブリザガだけで十分)
    以降は竜剣手榴弾、スモークボム等で HPを190程度まで減らし、アーロンでとどめをさす。


    ウルフラマイター(赤) HP:36000

    アニマカオティックDを使用後の魔法の種類以外は ウルフラマイター(青)と全く同じ。ウルフラマイター(赤)ファイガ、ファイア(またはサンダガ、サンダー)でHPを減らす。


    デビルモノリス HP:45000

    ユウナ(またはヴァルファーレ)がオーバードライブしていることが前提。 ヴァルファーレシューティングパワーで 攻撃後HPが900程度になるまで減らす。
    リュックスモークボムを行うことを真っ先に優先して行う。 安全に行うなら一匹づつ捕獲しておくとイイが、こっちが全滅する前にリュックのターンに くることが分かっているなら2匹同時に捕獲することも可能である(2匹で出現した場合)


    モルボルグレート HP:64000

    カルテット99を使用して捕獲する。手順は以下の通り。

    1. リュックカルテット99を使用
    2. ティーダ「チャージ&アサルト」使用。
    3. ユウナ:捕獲用の武器をもちかえ、その後攻撃。
    この手順で行えば敵に一度も攻撃されずに捕獲できる。 捕獲する場所はシンの体内の方で行った方がよい。 捕獲後は真っ先にセーブをしにいくことをおすすめする。


      バルバトゥース HP:95000

    カルテット99を使用して捕獲する。手順は以下の通り。

    1. リュックカルテット99を使用
    2. ティーダ「エース・オブ・ザ・ブリッツ」使用。
    3. ユウナ:捕獲用の武器をもちかえ、その後攻撃。
    *この時ティーダ「エース・オブ・ザ・ブリッツ」は必ず成功させること。 成功させれば相手に一度も行動させずに捕獲できる。

    もし失敗してしまったらユウナアニマを召喚。 敵の「シュトルムフレイム」の盾代わりにする。 攻撃を受けた後は捕獲武器を装備したキャラが攻撃して、捕獲。
    「ボディプレス」を受けたら全滅するので、 そうならないためにも「エース・オブ・ザ・ブリッツ」は成功させよう。 捕獲後は真っ先にセーブをしにいくことをおすすめする。


    アダマンタイマイ HP:54000 石

    石化攻撃で捕獲するが成功率は低い。さきがけ時に一人は逃がしておきたい(リュック、ワッカ以外) こちら側が攻撃できるチャンスはせいぜい2〜3回なのでその数回で石化させて捕獲しなければならない。


    キングベヒーモス HP67500

    カルテット99を使用して捕獲する。手順は以下の通り。

    1. リュックカルテット99を使用
    2. ティーダ「チャージ&アサルト」使用
    3. その後、ユウナのターンになるが捕獲用の武器に変えても すぐに攻撃してはいけない。その理由は敵はHPが0になるとかならず メテオを使用してから倒れるからである。 そのため誰か一人だけ逃がしておいてからとどめをさすとよい。
      順番的にはティーダが回ってくるであろうので、 それまでユウナは防御を行う。

    4. ティーダ:逃げる
    5. ユウナ:攻撃して捕獲
    もし途中で敵が「しっぽ」で攻撃してきたら全滅は必至。 こればかりは運なので、祈るしかない。捕獲後は真っ先にセーブをしにいくことをおすすめする。


    総評

     初期ステータスでモンスター捕獲するというのはザコ相手なのでだから一見楽そうに思えるかもしれないが 実際は決してそうではなかった。
     たしかに最初のビサイド島キーリカ島でのモンスターはまさにザコキャラで、 せいぜい毒に気をつけていれば楽に捕獲できた。しかし後半になって行くにつれてどんどん強敵が登場し、 シンの体内ではカルテット99を使用しないと 捕獲できないボス並の敵も数匹登場した。
     また、命中率の低さとすぐ逃げるサボテンダーや 出現率の極めて低いトンベリなどにも苦労させられた。
    全体的にみるとまさに山あり谷ありの捕獲で全滅する場面も多々あったがまぁ楽しめた。  今回の捕獲でもっとも活躍したアイテムはドリームパウダーである。 眠らせるというだけでなくだいたい950程度のダメージを与えられることから、固定ダメージの意味合いでも活躍した。アビリティとしてはやはり「即死攻撃改」「石化攻撃改」であろう。これら2つのアビリティのおかげでほとんどのモンスターを捕獲することが出来た。
     今回スピリッツ、キングベヒーモス、モルボルグレート、バルバトゥースだけは カルテット9(99)を使用しての捕獲だった。 これは自分の妥協であり、もしかしたらそれなしでも捕獲が可能なのかもしれない。
     今回のやりこみで活躍したキャラの順位で示す

    1位:リュック

    今回もやはりリュックの「使う」が大活躍した。スリープパウダー、ドリームパウダーで敵を眠らせ、 また同時にそれらは750,950程度のダメージを与えられることからHPの微調整の意味でも有効であった。 他に役立ったアイテムは「毒の牙(1900程度のダメージ)「スモークボム(750程度のダメージ+暗闇)」 「手榴弾(350程度のダメージ)である。

    2位:ワッカ

    石化攻撃改のアビリティを装備してたというのもあるが、そもそもワッカにそれを装備させたのは 相手が誰であろうとまず攻撃ができるからである。石化攻撃改はほぼ確実に敵を石化させるが それでも、まずは命中させなくては意味がない。空をとんでいる敵だろうがほぼ確実に攻撃できる このキャラの功績はおおきい。

    3位:ティーダ

    即死攻撃改のアビリティを装備してたというだけでなく、キングベヒーモス、 モルボルグレート、バルバトゥースの捕獲も彼無しでは不可能であった。また素早さがリュックについで 行動できたのも評価できる。

    4位:ユウナ 召喚獣は後半に登場するモンスターになるほど重要な存在となった。
    5位:アーロン 「かたい」相手などのとどめ役に最適であった。
    6位:キマリ 竜剣は少しのダメージを与えたい場合に役立った(70程度のダメージ)。 また「見破る」を装備してたためそれも役だった
    7位:ルールー 全くの役たたずだった。唯一やくだったのはダークプリンをゾンビに 変えるための攻撃のみ。

    次に捕獲に手こずったモンスターを示す。
    1位:トンベリ

    とにかく出現率が低い。捕獲自体はさほど難しくはないがその出現率の低さには イライラさせられた。また場所も薄気味悪い所なので苦痛であった。

    2位:キングベヒーモス

    出現率が低く、カルテット99を使用しなければならない。その上必ず一人は逃げさせてから 捕獲せねばならず、「しっぽ」をつかわれたら即全滅。とにかく運が必要な点が手こずらされた。

    3位:スピリット

    「ポイズンミスト」が強力。またそれ以外の魔法も享禄で対策用の防具を揃えるのが面倒であった。 エンカウントした後もHPを倍にして、カルテット9を使用して、と捕獲するまでに非常に手間のかかる相手だった。

    4位:サボテンダー

    とにかくすぐ逃げる、なかなか当たらない。イライラさせられる相手であった。 せめてもの救いが「サボテンダーの里」での出現率の高さ。HPを減らすのも運任せであったのもつらかった原因

    5位:モルボル

    出現率の低さと「くさい息」が強力であった。


    さて、これで初期ステータス全モンスター捕獲は終了である。
     今回のやりこみをまとめたドキュメントを示す。このページが見づらい人で、 興味をもったひとはダウンロードしてみてほしい。 捕獲編  捕獲モンスター一覧

    戻る