公益財団法人 角屋保存会(島原角屋 公式サイト)

HOME
法人の概要
角屋もてなしの文化美術館
角屋饗宴もてなしの文化研究所
角屋保存の意義(角屋のQ&A)
島原の文化史(島原のQ&A)
島原の文芸碑紹介
交通案内
English

HOME>角屋もてなしの文化美術館

角屋もてなしの文化美術館


館長

 中川 清生


 角屋は、島原開設当初から連綿と建物・家督を維持しつづけ、江戸期の饗宴・もてなしの文化の場である揚屋建築の唯一の遺構として、昭和27年(1952)に国の重要文化財に指定されました。
 揚屋とは、江戸時代の書物の中で、客を「饗すを業とする也」と定義されているところによると、現在の料理屋・料亭にあたるものと考えられます。饗宴のための施設ということから、大座敷に面した広庭に必ずお茶席を配するとともに、庫裏と同規模の台所を備えていることを重要な特徴としています。
 所蔵美術品では、昭和58年(1983)に蕪村筆「紅白梅図屏風」が重要文化財に指定されました。また、平成元年(1989)には財団法人角屋保存会が設立され、以来、角屋の重要文化財建造物と美術品等の保存と活用がおこなわれています。さらに平成10年度からは、「角屋もてなしの文化美術館」を開館して、角屋の建物自体と併せて所蔵美術品等の展示・公開を行うことになりました。


開館期間 

3月15日〜7月18日、9月15日〜12月15日

開館時間 

午前10時〜午後4時

休館日

月曜日(祝日の場合翌日)

入館料

一般1000円、中・高生800円、小学生500円(2階の特別公開料金を除く)


※2階の特別公開の座敷(青貝・扇の間他)につきましては、事前にお電話でお申し込み下さい。料金は入場料の他に別途必要です。大人800円、中・高生600円(小学生以下はお断り)


2階特別公開 ご案内時間(約30分)
  午前 10:15
  午後 13:15 14:15 15:15
ただし、定員 各回20名。
電話番号 075-351-0024 にて予約受付(午前10時〜午後5時)


展示目録
 平成26年 春季企画展


「うたげの漆工品展展」 3月15日(土)〜7月18日(金)


【開催趣旨】

 当館には、角屋伝来の「献立帳(天保5年〜明治19年)」が所蔵されております。この献立帳と漆工品の調査については、すでに漆工品研究の専門家である故灰野昭郎先生(当時京都国立博物館工芸室長)にお願いし、平成九年の「角屋研究」第7号で「角屋所蔵品図版目録(漆器編)」としてご発表いただいております。そのご論考「角屋の漆器あれこれ」において、嘉永3年(1850)3月5日の「小田原様御振舞」の料理内容と飲食器の使用についての解説がなされていますので、その一部をご紹介いたします。

 小田原様御振舞

 鶴蒔絵三重盃及び波亀蒔絵盃台


 献立の列挙が長くなりますので、冒頭箇所にとどめますが、料理の内容もさることながら、料理の飲食器の使用状況がつぶさにわかるのです。

 例えば、「盃鶴蒔絵 大三ツ組盃台」には、伝存する「鶴蒔絵三重盃及び波亀蒔絵盃台」が使用されたと思われます。次の「チン金膳ワン」は、吸物の膳椀であります。これは「山水花鳥人物沈金膳」にあたると考えられ、現在の箱書には、「沈金吸物椀 廿人前 角徳」と記されています。

 さらに、この小田原様御振舞の献立には、「御膳 柳蒔絵膳わん」が使われています。これは、伝存する「柳蒔絵膳椀揃」に該当します。この膳椀は、明和2年(1765)に新調されたもので、各40組あります。後の文政2年(1819)に追加された飯器、杓子各4、飯器台8からなります。膳は、茶人金森宗和(1584〜1656)が

 桐鳳凰蒔絵肴組膳

好んだという宗和膳形式になっています。お膳の表面は、黒漆塗の上に、春風になびく柳の新芽の金蒔絵があしらわれており、春の宴席にふさわしい一揃えといえるでしょう。

 このように「献立帳」からは、料理内容はもちろんのこと、飲食器の記載によりお客様の宴ごとの趣向が見て取れます。

 本展では漆工品を中心に、往時の揚屋「角屋」の饗宴・もてなしの様子がうかがえる企画といたしました。


出品目録


展示室

 

柳蒔絵膳椀揃

 

 

一具

鳳凰蒔絵膳椀揃

 

 

一具

吉野漆絵椀揃

 

 

一具

春慶塗膳椀揃

 

 

一具

吉野漆絵吸物膳椀

 

 

一組

草花蒔絵吸物膳椀(絵替り)

 

 

一組

扇散蒔絵八寸台

 

 

一対の内一基

松竹梅蒔絵八寸台

 

 

一対の内一基

桐鳳凰蒔絵肴組膳

 

 

一対の内一基

海松貝蒔絵重箱及び台

 

 

一基

鶴蒔絵三重盃及び波亀蒔絵盃台

 

 

三口・一基

福寿文字蒔絵盃台

 

 

一基

あわび酒盃「うき巣」

 

 

一口

竹林七賢人蒔絵三重盃

 

 

三口

松竹梅蒔絵大朱漆塗盃

 

 

一口

松竹梅亀蒔絵銚子

 

 

一対

椿蒔絵菓子椀

 

 

二合

牡丹水仙蒔絵菓子鉢

 

 

一口

六玉川蒔絵硯蓋

 

 

一基

菊蒔絵高杯

 

 

一基

濃梨地団扇蒔絵硯箱

 

 

一基

牡丹螺鈿机

 

 

一基

梅蒔絵三味線

 

 

一棹

松橘蒔絵鏡台

 

 

一基

桐唐草蒔絵煙草盆

 

 

一堤

若松蒔絵煙草盆

 

 

一提

萩蒔絵重香合

 

 

一合

「峨眉山月ノ図」螺鈿掛軸

 

 

一幅

朱漆雲龍文螺鈿衝立

 

 

一基

 

 

 

 ほか


平成26年 展示予定

秋季企画展「財団設立25周年記念 角屋名品展」 9月14日(日)〜12月15日(月)


Copyright (C) 公益財団法人 角屋保存会 All rights reserved. TOP