公益財団法人 角屋保存会(島原角屋 公式サイト)

HOME
法人の概要
角屋もてなしの文化美術館
角屋饗宴もてなしの文化研究所
角屋保存の意義(角屋のQ&A)
島原の文化史(島原のQ&A)
島原の文芸碑紹介
交通案内
English

HOME>角屋もてなしの文化美術館

角屋もてなしの文化美術館


館長

 中川 清生


 角屋は、島原開設当初から連綿と建物・家督を維持しつづけ、江戸期の饗宴・もてなしの文化の場である揚屋建築の唯一の遺構として、昭和27年(1952)に国の重要文化財に指定されました。
 揚屋とは、江戸時代の書物の中で、客を「饗すを業とする也」と定義されているところによると、現在の料理屋・料亭にあたるものと考えられます。饗宴のための施設ということから、大座敷に面した広庭に必ずお茶席を配するとともに、庫裏と同規模の台所を備えていることを重要な特徴としています。
 所蔵美術品では、昭和58年(1983)に蕪村筆「紅白梅図屏風」が重要文化財に指定されました。また、平成元年(1989)には財団法人角屋保存会が設立され、以来、角屋の重要文化財建造物と美術品等の保存と活用がおこなわれています。さらに平成10年度からは、「角屋もてなしの文化美術館」を開館して、角屋の建物自体と併せて所蔵美術品等の展示・公開を行うことになりました。


開館期間 

3月15日〜7月18日、9月15日〜12月15日

開館時間 

午前10時〜午後4時

休館日

月曜日(祝日の場合翌日)

入館料

一般1000円、中・高生800円、小学生500円(2階の特別公開料金を除く)


※2階の特別公開の座敷(青貝・扇の間他)につきましては、事前にお電話でお申し込み下さい。料金は入場料の他に別途必要です。大人800円、中・高生600円(小学生以下はお断り)


2階特別公開 ご案内時間(約30分)
  午前 10:15
  午後 13:15 14:15 15:15
ただし、定員 各回20名。
電話番号 075-351-0024 にて予約受付(午前10時〜午後5時)


展示目録
 平成26年 秋季企画展


「財団設立25周年記念 角屋名品展」 9月14日(日)〜12月15日(月)


【開催趣旨】

 本年秋の企画展は、当財団25周年を記念して、近世の京・島原の揚屋の〈もてなしの文化〉をあらわす、当財団所蔵の名品を一挙に展観いたします。

 弘化4年(1847)の『皇都書画人名録』によると、島原は、「詩歌連俳書画風雅人多し」と紹介されております。お客様をもてなす太夫や芸妓をはじめ、揚屋や置屋の亭主たちも、和歌や俳諧の嗜みが求められていました。江戸中期には、盛り上がる中興俳諧の一翼をになうことになり、また江戸後期には、二条家流の和歌を学ぶことに熱を入れました。そのようなことから、角屋は、和歌や俳諧に関する名作の数々を所蔵するところとなりました。

 伝来品のなかで最古のものは、『源氏物語』の「末摘花」巻であります。鑑定によりますと、鎌倉後期の写本であることが判明しています。

 この『源氏物語』「末摘花」巻のほか、書画の名品類を陳列してまいります。和歌では、江戸初期の太夫の「八千代・薫・小藤筆和歌巻」、江戸中期の臥龍松を詠んだ「有栖川宮織仁親王」などの和歌懐紙。一方俳諧では、「芭蕉・其角短冊淡々極め」、「蕪村書簡(徳野他宛)」などで、いずれも島原や角屋と深いえにしのある作品ということができます。

 角屋のような揚屋では、名品を床の間にさりげなく掲げます。それがもてなすしつらいの心得なのです。例えば「明月記断簡」「三条西実隆書状」などに見ることができます。

 

 また、著名な文人たちとの交流を伝える品々もあります。あわびの盃に由来を与謝蕪村に揮毫してもらった「うき巣帖」や、銀杯に寄せた賀茂季鷹の「うつせ帖」などです。さらには、蕪村筆「紅白梅図屏風」(重要文化財指定)は、まさしく角屋にふさわしい最も由緒ある名品と申せます。

 そのほか、角屋十三世が時代考証のために収集した、島原太夫の姿絵を描いた円山応挙筆「太夫図」なども展示いたします。

 このように本展は、角屋に伝わる書画や工芸品の名品を中心に公開し、揚屋のおもてなしの趣向を味わっていただけるよう努めました。


出品目録


展示室

 

松竹梅図屏風

 

岸駒筆

六曲一双

八千代太夫図

 

作者不詳

一幅

太夫図

 

円山応挙筆

一幅

太夫図

 

岸 竹堂筆

一幅

「小栗栖重兵衛 三世中山文七」

 

松好斎半兵衛画

一枚

「唐犬重兵衛 初代市川饅十郎」

 

春好斎北洲画

一枚

「宮城阿曽次郎 二世嵐琉寛」

 

春江斎北英画

一枚

源氏物語「末摘花」巻

 

 

一冊

明月記断簡

 

藤原定家筆

一幅

三条西実隆書状

 

 

一幅

後水尾院宸翰和歌

 

 

一幅

漢詩扇面

 

大橋太夫筆

一幅

和歌懐紙

 

有栖川宮織仁親主筆

一幅

長松賦

 

皆川淇園筆

一幅

八千代・薫・小藤和歌巻

 

 

一巻

芭蕉・其角短冊淡々極め

 

 

一幅

徳門宛太祇書状

 

 

一幅

徳野宛蕪村書状

 

 

一幅

紺地柿樹に猿文様打掛

 

 

一領

飽酒査「うき巣」

 

 

一口

波溝蒔絵料紙箱

 

 

一合

青花孔雀牡丹文大皿(芙蓉手)

 

 

一口

青花牡丹唐草文細水指

 

 

一口

五彩亀甲地に花卉文瓶

 

 

一口

五彩蝶形向付

 

 

一口

長次郎七種茶碗写

 

 

七口

鮑形盃「うつせ」

 

 

一口

 

 

 

 

 

 

 

 ほか


期間中下記日程で展示替を行います。

      第一期    9月14日(日)〜10月13日(月)

      第二期   10月15日(水)〜11月16日(日)

      第三期   11月18日(火)〜12月15日(月)


平成27年 展示予定

春季企画展「久坂玄瑞と幕末維新展」 3月15日(日)〜7月18日(土)


Copyright (C) 公益財団法人 角屋保存会 All rights reserved. TOP