公益財団法人 角屋保存会(島原角屋 公式サイト)

HOME
法人の概要
角屋もてなしの文化美術館
角屋饗宴もてなしの文化研究所
角屋保存の意義(角屋のQ&A)
島原の文化史(島原のQ&A)
島原の文芸碑紹介
交通案内
English

HOME>角屋もてなしの文化美術館

角屋もてなしの文化美術館


館長

 中川 清生


 角屋は、島原開設当初から連綿と建物・家督を維持しつづけ、江戸期の饗宴・もてなしの文化の場である揚屋建築の唯一の遺構として、昭和27年(1952)に国の重要文化財に指定されました。
 揚屋とは、江戸時代の書物の中で、客を「饗すを業とする也」と定義されているところによると、現在の料理屋・料亭にあたるものと考えられます。饗宴のための施設ということから、大座敷に面した広庭に必ずお茶席を配するとともに、庫裏と同規模の台所を備えていることを重要な特徴としています。
 所蔵美術品では、昭和58年(1983)に蕪村筆「紅白梅図屏風」が重要文化財に指定されました。また、平成元年(1989)には財団法人角屋保存会が設立され、以来、角屋の重要文化財建造物と美術品等の保存と活用がおこなわれています。さらに平成10年度からは、「角屋もてなしの文化美術館」を開館して、角屋の建物自体と併せて所蔵美術品等の展示・公開を行うことになりました。


開館期間 

3月15日〜7月20日、9月15日〜12月15日

開館時間 

午前10時〜午後4時

休館日

月曜日(祝日の場合翌日)

入館料

一般1000円、中・高生800円、小学生500円(2階の特別公開料金を除く)


※2階の特別公開の座敷(青貝・扇の間他)につきましては、事前にお電話でお申し込み下さい。料金は入場料の他に別途必要です。大人800円、中・高生600円(小学生以下はお断り)


2階特別公開 ご案内時間(約30分)
  午前 10:15
  午後 13:15 14:15 15:15
ただし、定員 各回20名。
電話番号 075-351-0024 にて予約受付(午前10時〜午後5時)


展示目録
 平成27年 春季企画展


「久坂玄瑞と幕末維新展」 3月15日(日)〜7月20日(月・祝)
             会期中の休館日 月曜日(祝日の場合翌日)


【開催趣旨】

 本年春の企画展は「久坂玄瑞と幕末維新展」を開催いたします。

 長州藩の志士久坂玄瑞(吉田松陰の妹「文」を娶った義弟)は、元治元年(1864)7月の禁門の変(蛤御門の変)参戦して負傷し、鷹司邸にて自刃しました。わずか25歳でした。本年はそれからちょうど150年になります。

 

 角屋の東北角に「久坂玄瑞密議の角屋」という石標が建立されているように、久坂玄瑞は、文久3年(1863)と翌年の禁門の変で自決するまで、角屋をしばしば利用していました。そして、時の豪商の加島屋や鴻池と軍資金調達のため密議を行っていたのです。

 このことは久坂玄瑞の日誌には記されていませんが、幕府側の『新選組日誌』や『会津藩庁記録』には、久坂玄瑞の動向が探索され、記録されているところであります。幸いにして、角屋では池田屋のような騒動は起こりませんでした。

 角屋十三世中川徳右衛門が、昭和11年(1936)に、幕末当時仲居をしていた留(とめ)から聞き取った記録があります。明治28年(1895)頃、玄瑞の盟友だった山形有朋や

 

品川弥二郎他7名が角屋に来遊したとき、留が座敷に出て、昔話に花を咲かせたとのことであります。その席で品川弥二郎から、維新時に世話になったお礼として、久坂玄瑞の石摺りの書として知られる、七卿落ちの際に詠じられた「舞曲」一首の拓本を賜りました。角屋では、それを掛幅にして遺しております。

 また、角屋十三世の収集品として、久坂玄瑞の筆になる「墨菊図」や、書簡である「密書」「嘆願書」なども伝わっています。さらに、玄瑞と交流のあった土佐藩士武市瑞山(半平太)の美人画も所蔵しております。同人筆の「鸚鵡美人図」や「椿美人図」には、素人とは思えない見事な筆遣いが見て取れます。

 そのほかには、世相を映したさまざまな瓦版があります。たとえば、禁門の変によるどんどん焼けの被災図「京都大火本しらべ」、伊勢神宮への群参のお蔭参りの様子を描いた「慶応天降 都神いさめ」、官軍東征の際に歌われた「都風流トコトンヤレぶし」といったものです。

 

 島原や角屋に関したものも展示いたします。慶応2年(1866)9月付けの新選組調役の通達である「新選組の掛売禁止」の古文書(伝来品)、戊辰戦争直前の世相を記録した角屋十代目の日記、明治5年(1872)に岸竹堂が角屋の松の間で描いた「太夫図」等々です。

 本展では、久坂玄瑞の資料と往時の瓦版により、幕末維新の時代背景もうかがえる企画につとめました。この機会にぜひご高覧賜りますようご案内申し上げます。


出品目録


展示室

 

久坂玄瑞筆「七卿落舞曲」拓本

 

 

一幅

久坂玄瑞書簡

 

 

一幅

久坂玄瑞密書

 

 

一幅

久坂玄瑞嘆願書

 

 

一幅

墨菊図

 

久坂玄瑞筆

一幅

椿美人図

 

武市瑞山筆

一幅

鸚鵡美人図

 

武市瑞山筆

一幅

島原出口柳図

 

浮田一恵筆

一幅

薬玉図

 

浮田一恵筆

一幅

住吉図

 

浮田一恵筆

一幅

太夫図

 

三畠乗龍筆

一幅

太夫図

 

岸 竹堂筆

一幅

狂歌「骨も身も」

 

品川弥二郎筆

一幅

和歌懐紙「春風」

 

山県有朋筆

一幅

「京都大火本しらべ」

 

 

瓦版一葉

「時世のほり凧」

 

 

瓦版一葉

「慶応天降 都神いさめ」

 

 

瓦版一葉

新選組「掛売禁止達」

 

 

一幅

角屋「式目帳」
  (慶応3年12月記述部分)

 

 

大福帳綴一冊

「近世獅子退散図」

 

 

瓦版一葉

「太平梅の春かへ歌」

 

 

瓦版一葉

「新もん句ゆかりの月」

 

 

瓦版一葉

「節分」

 

 

瓦版一葉

「都風流トコトンヤレぶし」

 

 

瓦版一葉

「島原芸妓小衣」

 

 

瓦版一葉

「明治博覧会」

 

 

瓦版一葉

「敷島書」

 

高畠式部筆

一幅

 

 

 

 

 

 

 

 他


会期中下記の日程で展示替を行います。

      第一期   3月15日(日)〜4月19日(日)

      第二期   4月21日(火)〜5月17日(日)

      第三期   5月19日(火)〜6月21日(日)

      第四期   6月23日(火)〜7月20日(日)


平成27年 展示予定

秋季企画展「もてなしの調度展」 9月15日(火)〜12月15日(火)


Copyright (C) 公益財団法人 角屋保存会 All rights reserved. TOP