厳誠流空手道の前史


宗家田中将護師範は、空手の道を単に技の練磨だけに求めるのではなくて、
不攘不屈攘の精神と人間性を重んじられ、奥義を極める場「塾」を創設し、
厳誠流空手道として全国各地を開拓しつつ、精力的に広めてこられました。
その後、家元制度を拝し、塾生自らが運営していく厳誠塾として再出発と言う事で、
由木栄司塾長は、厳誠塾を全国流派として発展させるべく、全国大会選抜制を採用し、
中国武術界との交流を促進さるなど尽力されました。そして、2000年、
更なる発展をめざし、流派として継承発展させていくことを目的に、
師範会を創設し、伊藤徳治師範を、流派の代表として決定しました。

厳誠流空手道厳誠塾は、「力」を持たない者こそが空手を通じて「力」を持たなければ
ならないと考えています。体力的にも筋力や運動能力などにおいても、
恵まれた者のみが強くる空手ではなく、誰もが練習を積み重ね、技術を習得すれば
自分を守り、圧迫をはね返す力と自身を育む空手です。私達、
厳誠流空手道厳誠塾・塾生は、厳誠塾五訓(1、相互の自由を尊重すること 
1、相互の信頼を得ること 1、労働を愛し努力をいとわぬこと 
1、心身を鍛錬し健全に生きること 1、厳しく誠であること)を生活の信条としながら、
一元化した先輩−後輩のいかめしい「タテの関係」を排し、自らが塾を創造・運営し、
同門の塾生同士が互いに「教え合い学び合う」という塾風を創りだし、
互いに励まし合いながら、上達の度合いに応じて稽古を進めています。
「人間形成に務める」とか「精神修養の為」など空手における宣伝文句には
事欠きません。しかし、問題にしなければならないのは、いかなる精神を
修養するのかであります。現在の腐敗し堕落した金権乱脈政治がまかり通る
この世相は、しらけ派の青年たちを生み出し、知らず知らずのうちに青年たちの
精神をむしばみ、文明社会の帰結として肉体を弱体化させています。
青年たちは何かを求めようとしています。しかし、彼らがしっかり大地に
足を踏ん張り自立しようとする時、周囲の不協和音がさまざまな形で妨害しようとします。
その狭間で苦闘する青年たちが「塾」に学びつつ空手修業を通じ、いかなる権威や
権力にもおもねず、富や地位に媚びへつらわず、不正義に対してはっきりと「否」と
言える人間として成長することを念じています。こんにち全国の塾生は、
各地を開拓しつつ、また流派として伝統を重んじながら、現在のスポーツ化した空手界とは
一線を画し、独自の流派形成を目指して奮闘しております。